原宿〈明治神宮前〉駅0分、表参道からも通院便利な皮膚科

受診予約
電話
アクセス
Instagram

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMとは?

後天性真皮メラノサイトーシス(Acquired dermal melanocytosis;ADM)とは、日本人などアジア人の思春期以降の女性に多いシミ(正確には「アザ」です)のことをいいます。青みがかっていたり、少し灰色がかった色をしていて、ぺたっとした小型の色素斑が下眼瞼や頬まわりにみられます。

ふつうの茶色いシミとは異なります。その原因はメラニン色素をもつ細胞(メラノサイト)の位置によります。一般的な茶色いシミ(日光黒子や老人性色素斑)は浅い場所にメラノサイトがあるのに対し、ADMの場合は真皮にメラノサイトがあります。この点が、色調の違いやレーザー治療への反応性の違いに繋がります。

ADMの治療

レーザー治療が有効で、保険で治療が可能です。ADMは普通の茶色いシミのように一度では消えませんが、根気よく治療すれば4回前後の治療で目立たなくなることが多いです。

当院のレーザーはピコレーザーです。「ピコシュア」という機械を採用しており、755nmの波長をもつためピコレーザーの中でも特にADMに対して効果的です。

レーザー治療について

ADMに対してレーザー治療は、保険診療で行います。保険を適用する場合、3か月以上あけて次の治療を行う必要があります。

治療は受診当日可能です。痛みに弱い方は麻酔テープを併用しますが、麻酔が効くまで1時間要するため余裕をもってお越しください。

PAGE TOP